スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコーンの美味しい食べ方

スコーンはイギリスのティータイムでは最も定番な
ソウルフルな焼き菓子です。
イギリスでは、最初に母から娘へ教えられるお菓子が
このスコーンなのだそうです。

焼き立てスコーン


イギリスでは母から娘に最初に教えるお菓子がスコーン
であると聞きます。 つまり、イギリスのソウルフード
ですね。

甘さは控え目で素朴な味わいですが、バターやジャムと
頂いたり、はちみつやメープルシロップを添えて頂いたり
すると、その優しく温かく深い味わいは、ティータイム
になくてはならない存在になります。もちろん、そのまま
頂いても、優しい甘みとほんのり塩味が効いているので
シンプルに美味しく頂けます。

そしてやはり、何と言っても、紅茶との相性は抜群ですね。

スコーンの食べ方


スコーンはイギリスの中でも、スコットランドが発祥の
お菓子です。

スコーンという名前は、スコットランドのバースにある「スコーン城」の、
歴代国王の戴冠式に使用された椅子の土台の石が、The stone of Scone
または The stone of Destiny(運命の石) と呼ばれ、それに由来します。
そのため、スコーンは石の形に焼かれることが多いのです。

その神聖な石としての由来からナイフは使わず、縦に割らずに横半分に割って
食べるのがマナーとされています。
スコーンが焼き上がるときは、側面に亀裂が入るのが成功の証しです。
これをイギリスでは「オオカミの口」といわれています。

やこりんごでも、この「オオカミの口」が入るように・・・と
心を込めて大好きなスコーンを焼いています。

このスコーンの由来は、次回に、もう少し詳しい奥行きの話を載せますね。
お楽しみに・・・♪
 
スポンサーサイト
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。